ご自身の歯・口を一生美しく健康に保つ方法 From Hideki Yoshikawa

goodriver.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2014年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 08月 26日

ラバーダムを使用した前歯の詰め物



ラバーダム(ゴムのマスク)をすることによりボンディングが唾液にさらされることなく、白い詰め物をきれいに充填出来ました。

b0190560_171957.jpg


千葉市美浜区の歯科 審美歯科なら吉川歯科医院


by yoshikawa-dc | 2014-08-26 17:26 | ラバーダム | Comments(0)
2014年 08月 26日

クラスBオートクレーブでオペ着を滅菌


インプラントオペの準備は時間が掛かります。オペ着などの布はクラスNのオートクレーブでは滅菌できません。オペの前は何回もこのようにオートクレーブを回さなければなりません。

千葉市美浜区の歯科 歯周病 インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2014-08-26 11:55 | 感染症対策 | Comments(0)
2014年 08月 24日

ラバーダムのビデオ

PennEndo Study Cub JP が製作したビデオを貼ります。


歯の根の病気は何より無菌的な処置が必要です。

by yoshikawa-dc | 2014-08-24 03:13 | ラバーダム | Comments(0)
2014年 08月 04日

本日の滅菌保障

b0190560_1943238.jpg

b0190560_1953091.jpg

DAC Professional順調に作動し本日の滅菌保障です。

明日も完全滅菌で頑張ります。

歯科衛生士さん、ありがとう。

千葉市美浜区の歯科 感染症対策 根管治療なら吉川歯科医院


by yoshikawa-dc | 2014-08-04 19:17 | 感染症対策 | Comments(0)
2014年 08月 04日

修復治療にもラバーダムが必要

b0190560_324827.jpg
写真はラバーダムとマイクロスコープを使用した歯内療法
8月になりまして暑い日が続いていますが皆様、如何お過ごしですか?

最近は感染症対策のお話が多かったのですが、今日は別の角度から、歯の中に細菌を侵入させない「ラバーダム」についてです。

「お口の中の小さな手術室」と言われるラバーダム防湿法とは、唾液やバクテリアから歯を隔離し小さな手術室を作ることです。

歯の中の歯髄(神経・血管)を触るということは、発生学的、解剖学的にみても体の内部の手術と同じことをしていると言えます。もし、歯の中に唾液が侵入したならば唾液の中には多くの細菌が存在するので、歯の中に細菌が侵入し、その手術=根管治療は失敗に終わります。しかしながら、日本でのラバーダムの使用率は5%と言われ、ほとんど実施されないのが現状です。
その理由は保険診療の不採算が原因と思われます。

歯の中に細菌を侵入させて、無菌的な処置が行われない結果、根管治療の成功率が50%と言われています。50%の成功率の治療を誰が受けたいでしょうか?

またラバーダムは根管治療だけではなく、修復治療にも必要な場合もあります。
こちらの患者さんは以前にコンポジットレジン充填を歯頚部にされていましたが、防湿がうまく出来ていないため、歯とコンポジットの間に虫歯が出来て、歯肉を下げるオペを行いました。
b0190560_3132616.jpg

b0190560_3153334.jpg



歯肉が治癒する1カ月後にラバーダムをして充填し直す予定です、

このように修復治療する際にも唾液からボンドを守るためラバーダムが必要の場合もあります。

このように、ラバーダムとかオペだとか言うと患者さんは嫌がるでしょうね。
でも、やらなければと思います。

千葉市美浜区の歯科 感染症対策 根管治療なら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2014-08-04 03:25 | ラバーダム | Comments(0)