ご自身の歯・口を一生美しく健康に保つ方法 From Hideki Yoshikawa

goodriver.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 31日

小冊子増刷

歯科「あなたの歯を失う前に読む本」を増刷致しました。

ご希望の方は郵送致します。

メールにて小冊子希望と書いてお送り下さい。

皆様の歯科に対する考え方が全く変わる本です。

気軽に応募下さい。数百万円、お得になる本ですよ。
b0190560_16541726.jpg

あとがきをご紹介致します。
正しい医療を行うことは本当に難しいことだと開業28年になろうとしていますが、毎日、日々感じることです。
正しい医療行為を行おうと思っても、その前に立ち塞がる諸問題のために、それを解決しない限り、患者様に
正しい医療を行うことが出来ません。
どんな時代にも真実を実践することは難しく、かといって真実を実践しない訳には行かないです。
そして、正しく治療・診療しようとすれば患者様との人間関係が最も大切なことであると思います。
ご自身の疑問と考え、そして「どうしたいのか?」を歯科医師に必ずおっしゃて頂いてお互いに理解しあって行きたいと思います。
私たちも患者様には本気で本音で治療したいと思います。

2009年3月12日 吉川歯科医院 吉川 英樹

by yoshikawa-dc | 2013-10-31 17:11 | 歯科治療費 | Comments(0)
2013年 10月 25日

Longevity

歯科の研修会で頻繁に「Longevity」ということが強調される。

Longevityを辞書で調べると
長生き、長寿、寿命、生涯という意味です。

歯科では、例えば、インプラントのLongevityとか、歯内療法のLongevityとか、クラウンブリッジのLongevity等という表現で使われる。

歯科医師の使命で一番大切なことは、歯を長持ちさせることLongevityです。

ところがこの歯を長持ちさせるロンジェヴィティーを誤解している方がたまにおられます。
先日、初診で見えた患者さんと私との会話です。

患者さま:「右下の歯が水にしみるので、金属の詰め物をやり変えて下さい」

歯科医師:「???????????」私はどうしてこのようなことを仰るのか理解に苦しみ言葉を失っています。

患者さま:「保険証が来週で期限切れなので、それまでに詰め物を入れ直したいのです。そうすれば、歯がしみるのは治るでしょう。」

歯科医師:「詰めものを入れ替えてても、歯がしみるのが治らなかったどうしましょう?」

どうやらこの患者さまは、以前の歯科医師に間違った教育を受けていたようで
「虫歯の治療で大切なのは定期的に詰め物や被せ物を交換する」という全くナンセンスな信じられない考え持っていました。
詰め物、被せ物をした歯は、精度の高い治療をすれば20年、30年いやもっと長持ちする筈で、その為に時間をかけた丁寧な治療を私たちは行っているのです。

出来高払いの質を問われない歯科医療は、質の悪い治療を何回も受け、再治療を繰り返すことにより成り立っていて、結局、最終的には歯を失ってしまいます

例え話をしますね。
朝4時から夕方6時まで畑仕事をした人も
朝4時からお昼の12時までしか畑仕事をしなかった人も
同じ報酬だとしてら平等、公平ではありません。

努力しても、努力しなくても同じ報酬なら
誰も、頑張ろうとは思わなくなります。


汚れがまったく落ちない石鹸も
競争に負けることなくスーパーで売られ、

時間が遅れたり、進んだりする時計も
競争に負けることなくお店で売られ、

腐った牛乳を売る店も潰れることなく
存在する社会が、

はたして平等で理想的な社会でしょうか?


社会が必要としていないものは、競争によって自然淘汰され、
市場から排除される社会が健全な社会なのです。

汚れがまったく落ちない石鹸は競争に負け
スーパーから消えてなくなり、

汚れが良く落ちる石鹸だけがスーパーに並んでいるのが
社会にとって望ましい状態なのです。

つまり、

個人が自己の利益を追求することによって起きる競争が、
社会に利益となる最も望ましい状態をもたらしているのです。

自然淘汰と適者生存です。

逆に競争を否定したら、

社会が必要としていないものまでもが存在するような、
社会にとって不利益な状態をもたらすことになってしまいます。

誰も汚れがまったく落ちない石鹸を
使いたくはないはずです。

結局、歯を長持ちさせるlongitivity、自由主義が日本の歯科には必要なのです。

千葉市美浜区の歯科 歯周病 インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2013-10-25 22:08 | 歯科治療費 | Comments(0)