ご自身の歯・口を一生美しく健康に保つ方法 From Hideki Yoshikawa

goodriver.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 25日

新潟県十日町からの患者さま

b0190560_11434385.jpg

遠いところ、新潟県十日町から、室館 彩さん、御主人のベーシスト小野 章さん、和(ニキ)君、2歳が来院下さいました。
以前のブログでもご紹介しましたが室館さんはボーカリストです。
b0190560_1150467.jpg

素敵な歌声です。


千葉市美浜区の歯科 歯周病 インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2013-08-25 11:44 | 日常生活 | Comments(0)
2013年 08月 19日

夏休み後

5日間夏休みを戴いた後2日間診療しました。
休みモードに入っていたので、やっと通常通りの診療モードに切り替わりました。

外装も変わって、心機一転これからも頑張ります。

私に言いにくいことは歯科衛生士に何でも仰って下さい。
b0190560_7244688.jpg

向かって右 歯科衛生士 末松 舞さん。左 歯科衛生士 篠崎 涼子さん。

千葉市美浜区の歯科 歯周病 インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2013-08-19 07:32 | 日常生活 | Comments(0)
2013年 08月 12日

夏休みを利用して石壁にしています

b0190560_354338.jpg

石の種類は本磨き(光っている)水磨き(マットな感じ)テキスチュアなものか悩みましたが
マット調な厚みが10mmという薄いジュライエローというライムストーンを選びました。

化石探検隊になるのが楽しみです。
b0190560_3554121.jpg
1億年以上前のアンモナイトの化石、見つけました。
b0190560_3564413.jpg
ジュラ紀の名前がわからない貝です。

小窓はスウェーデン製木製サッシ、レノホンダ。窓が180度回転します。患者さんのお顔が廊下から見えないように低く取り付けました。

明日も工事です。職人さんの顔陽焼けして真っ黒です。

明日も宜しくお願いします。

千葉市美浜区の歯科 歯周病 インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2013-08-12 16:38 | 日常生活 | Comments(0)
2013年 08月 12日

夏季休暇のお知らせ

誠に勝手ながら

8月12日(月)~8月15日(木)まで夏季休暇とさせて戴きます。

8月16日(金)より通常通り診療致します。


千葉市美浜区の歯科 歯周病 インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2013-08-12 13:11 | 日常生活 | Comments(0)
2013年 08月 10日

サイナスリフト後のインプラントオペ

昨日はインプラントオペがありました。
サイナスリフト後5ヶ月経過した上顎に2本インプラントを埋入しました。
サイナスリフト Window Techniqueで骨を作る という記事の続き

患者さんに電話したところ痛みも無く順調だそうです。
b0190560_16183967.jpg
術後のレントゲンです。

このように骨がない上顎もサイナスリフトで骨を作りインプラント治療することができます。

千葉市美浜区の歯科 歯周病 インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2013-08-10 16:30 | インプラント | Comments(0)
2013年 08月 06日

歯科技工士さんを訪ねました

皆様、歯科技工士をご存じですか?
歯科技工士さんは診療室にはいないので知らない方がほとんどだと思いますが、被せものであるクラウンブリッジやサシバやインプラントの上部構造を作ることを仕事としています。

私どもの診療室の歯科衛生士さんは技工操作を見たことがないということなので、いつも患者さんの補綴物を製作して戴いている足立区にあるアイリスデンタルラボの矢嶋 貞雄さんを訪問しました。
b0190560_71031.jpg


矢嶋さんは歯科技工士になりたての頃は保険診療を中心のラボに勤務していましたが限界を感じて自由診療に特化した歯科技工士になったそうです。

b0190560_7162440.jpg
矢嶋さんがトレーニング用に作ったセラミックスの歯
実際にワックスアップ(ワックスで歯の形を彫刻する)してもらいました。
b0190560_7185885.jpg
あっという間にワックスアップが出来あがり唖然としました。
大きな建築を作ることは困難で労力とお金も必要ですが、このように小さなものをミクロンレベルの誤差で製作することもものすごい技術が必要です。

しかしながら今、歯科技工士さんが立ち去っています。
学校を卒業したての技工士さんの離職率は8割だそうです。信じられないかも知れませんが低賃金と長時間労働によるものです。
歯科技工士が立ち去ったあとに

矢嶋さんは藤本研修会の補綴コース出身で研修会で製作したブリッジを見せてもらいました。
b0190560_7354690.jpg

金を鋳造して20ミクロン以内の誤差で仕上げることを要求されます。
このようなことは通常不可能な仕事ですが私たちはルーティーンにこなしています。

理由は、クラウンブリッジを製作する材料は色々ありますが、歯の模型を作る石膏は膨張します。
歯の型を取る印象材のゴムは収縮します。金・金属も硬化する時に収縮します。
このように、誤差が重なると患者さんの歯に合わないクラウンが出来あがります。

クラウンは自動販売機にコインを入れると出てくるようなものではないのでこんなことを良くご理解下さい。

by yoshikawa-dc | 2013-08-06 07:50 | 歯科治療 | Comments(0)
2013年 08月 03日

外壁リフォームのお知らせ

b0190560_5352335.jpg

8月になりました。

8日から医院前の廊下、壁と床をライムストーン張りにする予定です。

選んだ石はジュライエロー。中に一億年前の化石が見えるかも。

それから、壁に風穴を開けて、風通しを良くします。

こんなことが出来るとは思っていなかったので、大工さんには感謝してます。

工事中はご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

千葉市美浜区の歯科 歯周病 インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2013-08-03 05:37 | 日常生活 | Comments(0)