ご自身の歯・口を一生美しく健康に保つ方法 From Hideki Yoshikawa

goodriver.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 29日

米国の18分の1の治療費

おはようございます。今朝は少し涼しく感じますね。

たまに歯科の治療費は高いという声を聞きますが、日本では医者が余り医療費のことを言うことは良くないことという風潮がありますので声に出して患者さんに説明してこなかったのでしょう。

赤ひげ先生がもてはやされ、医は忍術ということが美徳とされる国民性なのでしかたがないことなのでしょう。

私どもの医院ではなるべく誤解がないよう医療費についてはわかりやすく説明しているつもりです。

昨日ご紹介した「歯科医療再生のストラテジー」川渕 孝一著から抜粋
b0190560_7475674.jpg

日本人が海外で治療を受けると、海外療養費が支給されます。海外の歯医者さんで治療を受けると、まず、全額を支払って、日本で償還払いを受けます。その場合、その国の領収書を持ってきて、その国の領収書と治療内容をみて、日本の点数表で準用して支払うものです。そうすると、次のようなことができるわけです。

治療費を日本の点数で準用した場合と、その国でチャージされた金額の比較です。
根管治療はアメリカの18分の1です。驚くべき安さです。
すべての治療でひと桁違うのがわかります。

安い治療費でなぜ成り立つのか?

プライスが安いから、量で調整する形になってしまっているのです。
(以上、歯科医療再生のストラテジーより)

私の診療時間は患者さん1人あたり平均1時間予約させて戴きます。
患者さんの数を増やすと責任のある治療とか患者さんへの説明、コミュニケーションができません。

ご理解下さるようお願い申し上げます。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-08-29 08:13 | 歯科治療費 | Comments(0)
2011年 08月 28日

110730未来ビジョン『川渕孝一、医療制度を斬る』

川渕孝一 先生は医療経済学者で東京医科歯科大学大学院教授です。

b0190560_6365220.jpg川渕先生の著書「歯科医療再生のストラテジー 医療経済学からの提言」は今の日本の歯科の問題をズバッと斬った名著だと思います。

その川渕先生がでYouTube日本の医療制度が今後どのように変わるべきかを放送していましたので貼ります。
キーワードは「頑張った医者が報われる制度」「見える化」だそうです。正に仰る通りだと思います。






千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-08-28 06:55 | 歯科治療費 | Comments(0)
2011年 08月 26日

事故により失った歯をインプラントで修復

患者さんは数年前に事故で歯を失いました。
3カ月前にインプラントを埋入して本日PFM冠を装着しました。

少し色が白いのは患者さんがタバコをやめたばかりでこれからこのインプラントの歯に
合わせてご自分の歯をホワイトニングする予定です。
b0190560_21563735.jpg

b0190560_220038.jpg


患者さまにはお疲れさまでした。

Yoshikawa Dental Clinic

by yoshikawa-dc | 2011-08-26 21:33 | インプラント | Comments(0)
2011年 08月 25日

Piezoelectlic Internal Sinus Floor Elevation(PISE)

23日にインプラントを埋入した患者さまに昨日お電話をしたところ「ほとんど痛みも腫れも感じませんでした」と仰っていました。良かったです。いつもトラブルはないものと思っていますが患者さんのこのような声を聞くと安心します。オペの術式をもう少し詳細にお話しします。

今までは上顎の臼歯部にインプラントを埋入する際には、広範囲な歯槽骨吸収、上顎洞の含気化、残存骨の不良な骨質などの解剖学的制約がありインプラントをためらっていた方が多かったと思います。上顎骨の側方から窓を開けるウインドゥテクニックもありますが患者さんにとって余り気が進みませんね。

このような上顎の臼歯部で骨の高さがない方には朗報です。

2002年、韓国とアジア太平洋地域に初めて超音波振動を用いて骨切削が行われる手術用医療機器を紹介したDr Dong-Seok Sohnらは、微細振動により上顎洞底の皮質骨(硬い骨)を削除しながら上顎洞底を挙上するピエゾエレクトリック(Piezoelectric Internal Sinus Floor Elevation;PISE)をこれまで臨床に応用してきた。ピエゾサージェリー機器の微細振動は硬組織には力が作用するが軟組織には作用しないため、上顎洞の挙上に有利な骨切削機器である。
b0190560_1423305.jpg
上顎洞底の皮質骨を写真に示したチップで切削後、10秒ほど上顎洞粘膜に滅菌生理食塩水を内部注水し、強い水圧で上顎洞粘膜を挙上していく。
b0190560_14382118.jpg
続いてゲル状の骨補添材を添入する。すでに上顎洞粘膜が挙上された状態であるため時間が節約できる。
その後インプラントを埋入する。

非常にシンプルで患者さんに負担のない術式です。

by yoshikawa-dc | 2011-08-25 14:48 | インプラント | Comments(0)
2011年 08月 24日

ピエゾエレクトリックサージェリーを使ってインプラントオペ 1

昨日はピエゾエレクトリックサージェリーを使ってインプラントを埋入いたしました。
b0190560_7435746.jpg
インプラントを埋入したいのですが骨の厚みが3mmくらいです。
通常でしたら上顎の側方から窓を開けて骨移植をして6カ月くらい待って骨が成熟してからインプラントを埋入して、その後3カ月くらい待ってから上部構を装着するという方法をとることが一般的でした。外科的な侵襲も大きく患者さんにとっては大変な処置でした。

このような大掛かりな処置を行うことなく、昨日はピエゾサージェリーにより骨移植と同時にインプラントを埋入することができました。
b0190560_8173473.jpg
b0190560_8221362.jpg
患者様にはお疲れさまでした。

by yoshikawa-dc | 2011-08-24 08:24 | インプラント | Comments(0)
2011年 08月 19日

前歯のサシバが5.6回も脱落してそのうちに左右非対称になってきた

b0190560_744739.jpg
こちらの患者さまは左上の前歯→の差し歯がたびたび脱落して、だんだんと左右非対称になってきたという訴えで、当医院を受診されました。患者さまのお話を総合すると前歯が脱落するたびにだんだんとその歯が前突になり歯軸が傾斜していってしまいその為の歯頚線の不ぞろいが生じたものと推察しました。
b0190560_7594634.jpg
削った歯の位置関係に注目して下さい。左上の前歯が舌側に転移しているのがわかります。矯正治療で改善するようにしたかったのですが患者さまは望まなかったので歯冠延長術で対処いたしました。
歯冠延長術とは、歯の周りの骨を削ることにより歯冠を長くする方法です。例えば、家の周りの土砂を取り除いていくと地下の部分が地上に露出します。こんなイメージでしょうか。
写真はジルコニアクラウンを2本装着したところです。
b0190560_8105688.jpg
もう一度オペをして歯頚線を揃えたかったのですが患者さまは望まなかったです。患者さまには長い間お疲れ様でした。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-08-19 08:18 | 症例 | Comments(0)
2011年 08月 18日

夏季休暇も昨日で終わり

本日より診療致します。
b0190560_721263.jpg

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-08-18 07:22 | 日常生活 | Comments(0)
2011年 08月 15日

不適合なインレーをセラミックスのインレーに再製しました

b0190560_8325818.jpg
患者さんの訴えでは金属の詰め物がひっかかるということでした。マイクロスコープで拡大してみるとこんな具合でした。このような治療は困ります。保険診療では治療の精度は問われないので薄利多売の歯科治療が行われるという事実です。

キャスタブルセラミックスで再製作しました。
b0190560_8421584.jpg
こんな銀歯は皆様望んでいないはずです。もし、こんな銀歯ばかり毎日患者さんの口に入れるのならば歯科医師という仕事は何とつまらないものでしょう。料理人が使う材料も限られ、時間もなく、おいしいとかまずいとかいうレベルではなく、限りなく薄めたスープをスープとしてお客に提供しなければならないとしたら。

反対に、自分のベストをつくすように最大限努力をして、患者さんに長持ちする口腔・歯を提供できたら歯科医師という仕事はなんと素晴らしい職業でしょう。

by yoshikawa-dc | 2011-08-15 09:09 | 顕微鏡歯科 | Comments(0)
2011年 08月 13日

夏季休暇のお知らせ

遅くなりましたが、夏季休暇のお知らせです。
8月13日(土)~17日(水)まで休診とさせて戴きます。
18日(木)は診療致します。

宜しくお願いいたします。

b0190560_814278.jpg















真夏に咲くクレマチスの原種アディソニー

by yoshikawa-dc | 2011-08-13 08:16 | 日常生活 | Comments(0)
2011年 08月 09日

マーロー先生の北欧流レッスンを読んで

b0190560_842182.jpg本を読んで一番良かったところ次の部分でした。大野先生の質問にマーロー先生がこのように答えています。

大野先生「患者さんにどんな情報を流せばいいのでしょうか?」
マーロー先生「君はどう思う?」

大野先生「患者に予防の大切さを知ってもらう情報ではないでしょうか」
マーロー先生「いいや、私は病気の知識だと思う。経験上、患者に予防がいかに大切かを説いてもあまり意味はないようだ。人は正しいからといって、行動するほど合理的ではないようだ。多くの人がタバコを止められないことが、いい例だろう」

大野先生「それはたとえば、どんな知識ですか?」
マーロ先生「まず、その病気はなぜ起こるのか、を正確に伝えることだ」

大野先生「予防の方法ではなく、なぜ起こるのか、をですか?」
マーロー先生「あくまで君個人へのアドバイスだが、口腔衛生指導の時間の多くを病気が何故おこるかということに使うべきだ。歯ブラシの動かし方や、歯間ブラシの動かし方などよりも、それを優先させるべきだ。なぜなら、知識は人を動かすからだ」

大野先生「ヤンセンバーグのぺリオクリニックでもそう教えられます。でも、患者さんにどこまで情報を伝えればいいのでしょう?」

マーロー先生「患者にとって最高の歯科衛生士は患者自身だ。私は医学における予防というのは、自分で自分がコントロールできるようになることだと思う。プロフェショナルの本当の役割は、それをサポートすることだ。患者が家に帰り、家族や友人にプラークの為害性をできるだけ正確に説明できるようになれば、合格だ。そうすればなにかが変わる」
予防歯科の真髄です。

千葉市美浜区の歯科 歯周病 インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-08-09 08:37 | 予防歯科 | Comments(0)