ご自身の歯・口を一生美しく健康に保つ方法 From Hideki Yoshikawa

goodriver.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 28日

インプラントオペ

本日は上顎の2番・3番にRidge Expansionを伴ったインプラント埋入オペを行いました。
手術は無事成功致しました。5mm位の幅の骨に3.5mmほどのインプラントを埋入しました。

午後は前歯6本のPFM冠の印象採得をしました。

また、新しい歯科衛生士さんの面接も行いまして、充実した一日でした。

人のためになる仕事ができて毎日とても充実しています。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-02-28 22:47 | インプラント | Comments(0)
2011年 02月 27日

虫歯があるという10歳の女の子が来院しました

一年前に歯科医院で虫歯を詰めてもらったということでした。

第一大臼歯が脱灰していて初期の虫歯です。

b0190560_8451466.jpg

下顎の第一大臼歯です。
マイクロスコープで拡大して見ると前に削って詰めていたものが脱落したように見えます。
次の2枚の写真は上顎大臼歯です。
b0190560_8513641.jpg

b0190560_8541440.jpg

レントゲン写真を撮ったら、虫歯はそんなに大きくなくよかったですね。

年齢が小さな時に虫歯になり神経を除去する処置になると大変です。

このような患者さんが来院されたときに私たちは二度と虫歯にならないような予防処置をお勧めします。

Q:「予防ってどんなことをしてくれるんですか?」とよく聞かれます。

虫歯の予防とは虫歯になる危険度を測定して、虫歯になるリスクをそれぞれ減らして行くことです。

A:虫歯のリスクとは、虫歯菌、つまり、ミュータンス菌、ラクトバチラス菌、唾液の分泌量、唾液の緩衝能、プラークコントロールの状態、食生活等です。虫歯になる可能性が高ければ、リスクがあるという言い方をします。

Q:「歯磨きだけでは虫歯は防げないのですか?」

A:リスクの高い人は歯磨きだけでは無理でしょう。

Q:「こんな話は初めて聞いたのですが、何故前の歯医者さんではお話しなかったのでしょうか?」

A:歯医者さんも考え方が色々の人がいまして、私たちの医院では虫歯を2度と作りたくないし、患者さんに何でもないのに、定期的に歯を守るために通って欲しいと思っています。反対にそのような考え方ではなく、虫歯のような軽い病気は出来てから詰めれば良いと考えている歯科医師もいます。私たちは虫歯の治療はそんなにたやすく、簡単に出来ないし、自分の最善のことを患者さんに提供したいと思っています。

治療した後もメインテナンスに通うことをお勧めします。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-02-27 09:30 | 予防歯科 | Comments(0)
2011年 02月 26日

不適合クラウンのやり直し

下の写真は以前に治療したクラウンとご自身の歯の間にできた虫歯です。
b0190560_8124254.jpg

頭に被せた帽子が頭にフィットしていないで引っかかりがありオーバーハングしているために虫歯になってしまいました。

クラウンを除去してみるとこんな風です。
b0190560_8202295.jpg

歯がまともに削られていません。これじゃクラウンが不適合なのはしかたがないです。

この後1時間かけて正しく歯を形成して仮の歯をいれました。

次の写真は別の方ですがやはりクラウンがオーバーハングしていて2mmくらい引っかかります。
そのために歯周炎をおこして骨吸収していました。ブリッジを除去せざるを得ません。
b0190560_8295131.jpg

不適合な補綴物・修復物は枚挙にいとまがありません。

何故、クラウンが正しく適合しないのかという理由は歯の形成から印象採得(型どり)、技工士さんの腕
すべての工程で正しく作業が行われないと髪の毛一本分(20ミクロン)の精度は追求出来ません。

結局、歯科医師の情熱とかやる気の問題です。

クラウンばかりではなくすべての治療に共通していることです。

私がここで開業医をしているのにも理由があります。

良い治療を患者さんに行いたいのです。

Yoshikawa Dental Clinic

by yoshikawa-dc | 2011-02-26 08:32 | クラウン・ブリッジ | Comments(0)
2011年 02月 25日

診療時間のキャンセルについて

先日、1時間のアポイントを取り、埋伏智歯とその前の歯の歯周外科をしようとしていた患者さんから前の日に突然のキャンセルの電話を頂きました。

このような電話は非常に迷惑で困ってしまうことがあります。

オペをしようとしていたところのドタキャンです。

仕事が入ってしまったというのが理由ですのでわからないこともないのですが
通常の手術を仕事が入ったからキャンセルしますとは言わないでしょう。


私の診療時間は通常1時間に1人の割合で診療しておりますので1日に平均8人位の患者さんを拝見致します。

通常、多くの歯科医院では平均30人程度の患者さんを診療すると言われています。

私の4倍患者さんの数を診療するということになります。

私がこのような診療スタイルをとる理由は自分の行った治療に責任を持ちたいからです。

15分の診療時間では、患者さんに説明をして理解して頂き治療を行うことは明らかに不可能です。東京から大阪まで30分で行けと言われいるようなものです。

このため、治療中に色々な事故トラブルが多発します。

「歯周病治療が行われていない」「クラウン、インレーの不適合」「根管治療の不備」
ほとんどの治療がやり直しするようなもので、多くのトラブルがお口の中に認められます。

良い治療をしようとすれば時間がかかります。

一般的な約束事と同じようにキャンセル料がかかることも御座いますので

どうかご理解を。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-02-25 08:41 | 歯科治療 | Comments(0)
2011年 02月 23日

重症の患者さん

久々に重症の患者さんが初診で見えました。

「歯科の実力」で当院が紹介されていたのをご覧になって6週間前に初めて来院されました。

お口の中を拝見しますとこのような状態になっていました。

b0190560_5203227.jpg正面から拝見しますと、すこし出っ歯になっているのが解ります。そのため前歯に隙間が出来ています。









b0190560_5232914.jpg
右側の奥歯はすでに抜いて失われています。









b0190560_528577.jpg
左側の奥歯は上下共失われ、奥歯の咬み合わせが失われているため前歯はフレアアウト(出っ歯になること)しています。







左上の犬歯は残根状態です。

抜歯等されているので過去に歯科に受診していたのは間違いないのですが、この方は何故、歯周病で歯が失われるのか、また、なぜ歯の周りの骨が失われるのか、また、そもそも歯周病とはどんな病気なのかを歯科医師から聞いたことは一度もなかったというお答えでした。

このような患者さんがお見えになりますと、先ずは、一時間位、お話をしながら、レントゲンと口腔内写真をお見せしながら、お口の中の現状をお話して、病気の原因と治療方法を大まかに説明します。

このような時間を患者さんと共有すると患者さんは必ずこんなことを仰います。

「もう少し前にこんな知識を知っていればこんなに重傷にならなかったのに、残念です。何故、今までの歯医者さんはこんなお話をしてくれなかったのでしょうか?」

私はこんな答えをします。

「歯を残すしくみの歯科医療ではないのです。歯科医療自体が歪んでいるのです。」

日本の医療は保険制度でほとんどの部分がカバーされているのですが
歯科医療費を国際比較してみると、根管治療費は世界平均の11.2%(最高はアメリカの81,451円)
歯石除去は世界平均の11.8%(最高はイギリスの11,985円)
レジン充填は23.2%(最高はアメリカの19,398円)
インレーは世界平均の12.1%(最高はアメリカの82,518円)
歯台築造は9.2%(最高はフランスの31,280円)
金属クラウンは11.2%(最高はフランスの136,000円)などです。
日本歯科医師会雑誌 2011 VOL63 NO.11東京歯科大学教授 井上 孝 先生の文章から抜粋

異常に低い診療報酬ですのでこのことが歯を守る歯科医療ではなく修復治療中心の歯科医療を歯科医師が選択して、結局、歯を失ってしまうことになる。保険診療では患者さんとじっくり話す時間も作れないのでしょう。


この後、この患者さんは7時間くらいの口腔衛生指導を歯科衛生士が行い、かなりブラッシング、歯間ブラシフロスもうまくなり、次に歯周初期治療をはじめる予定でいます。

正しい医療を行うことは非常に難しいことなのです。

当医院では私は1時間に1人の割合で患者さんの診療を致しますので1日に8人程度しか患者さんを診療出来ません。先進国では歯科医師はどこでもこんな感じで診療しています。

日本では一般的に歯科医師は1日に20人~40人位の患者さんを診療します。

そのために写真のような患者さんが多く見られます。

自分のベストを尽くして真心をも持って治療に当たりたいものです。


Yosikawa Dental Clinic

by yoshikawa-dc | 2011-02-23 06:44 | 歯科治療 | Comments(0)
2011年 02月 20日

歯周病ちゃんと治そう 脳梗塞につながる恐れ 広大調査(広島大学)

皆さま歯周病をちゃんと治しましょう。歯がなくなるだけではありません。

脳梗塞の患者は、歯周病菌に感染している割合の高いことが、広島大学の細見直永助教(脳神経内科)らの研究でわかった。歯周病菌が血液を通じて全身をめぐり、脳梗塞の原因となる動脈硬化を引き起こしている可能性があるという。研究成果は15日、盛岡市で開かれる日本脳卒中学会で発表される。

 研究グループは、脳梗塞患者132人と脳梗塞でない人111人の血液を調べ、歯周病菌に感染しているかどうかを調べた。歯周病菌の量の平均値を比べると、脳梗塞患者は脳梗塞でない人より1.2倍高かった。

 脳梗塞は大きく分けて、頸動脈(けいどうみゃく)などの太い血管が動脈硬化などで詰まる▽脳の細い血管が詰まる▽心臓内でできた血栓が脳血管をふさぐという3種類がある。このうち、太い血管の動脈硬化が原因で起きる脳梗塞患者は、脳梗塞でない人に比べて歯周病菌の量が1.4倍と、他の2タイプの脳梗塞より高かった。

 細見さんらはさらに、脳梗塞の原因となる動脈硬化や脂質異常と歯周病菌とのかかわりを調べた。頸動脈の直径が75%以上詰まっている74人とそれ未満の169人を比べたところ、詰まっている人は歯周病菌の量が1.4倍高かった。血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールの値が高い脂質異常症の人はそうでない人より1.5倍高かった。

 歯周病菌が歯茎から血液を通じて全身をめぐり動脈硬化を起こし、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因の一つになっているとされる。血管が脂の塊で詰まっている部分に歯周病菌が多く見つかったとする海外の報告もある。

 歯周病は30代以上の8割がかかっているとされる。細見さんは「物が食べられない、見た目が悪いという理由だけでなく、脳梗塞の発症を防ぐためにも歯周病の治療が必要だ」と話している。

 歯周病と脳梗塞のかかわりについては、米ハーバード大のグループが1986年から12年間かけて、40~75歳の男性4万人を追跡調査。歯の数が24本以下になった人は、25本以上残っている人より、脳梗塞になる危険性が1.5倍高かった。(坪谷英紀)2010年4月7日 朝日新聞

http://www.asahi.com/health/news/TKY201004070120.html

千葉市美浜区の歯科 歯周病 インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-02-20 08:51 | 歯周病 | Comments(0)
2011年 02月 16日

NYUのCertificate

かぜもやっと治ってきました。

NYUのCertificateです。

b0190560_826258.jpg


千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-02-16 08:27 | インプラント | Comments(0)
2011年 02月 04日

NYUのポストグラジュエートコースも今日で終わりました

NYUのポストグラジュエートコースも今日で終わりました。

今日の講義はAdy PALTI先生(元国際インプラント学会会長)の骨造成の講演でした。
垂直的なブロック骨移植はかなり成功率が高く有効な方法であるということでした。

世界には多くの優れた歯科医師がいて、Ady PALTI先生もその中の1人です。

2年間のこのコースは終わりましたが世界には多くの歯科のエビデンスがありますので
また、続けて勉強して行きたいと思います。

風邪をひいてしまって今ホテルで休んでいます。

Yoshikawa dental Clinic

by yoshikawa-dc | 2011-02-04 08:22 | 研修 学会 | Comments(2)
2011年 02月 02日

卒業のケースプレゼンテーション

b0190560_18322848.jpg今日は3日目の水曜日
朝から卒業のケースプレゼンテーションが行われました。

担当教授はペンシルバニア大学の歯周病・インプラント教授のDr.Cyril Evianでした。

NYUの6期生は相当ハイレベルなので教授もビックリしていました。

私の名前はアルファベット順なので最後になりましたが重度歯周病の患者さんに歯周病の治療とサイナスリフトを伴ったケースを2症例出しました。

「天然歯を残すことにこだわっていてとても良い症例ですね。Very Good」と言われ感動しました。ありがとうございます。

左はNYU副学長H.Kendall Beachman先生と右はCyril Evian先生と共に

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-02-02 18:30 | 研修 学会 | Comments(0)
2011年 02月 01日

コロンビア大学へデニス・ターナーの講義を聞きに行きました

今日はNYの2日目の火曜日です。
みぞれまじりの雨の中、コロンビア大学までデニス・ターナー先生の講義を聞きに行きました。

デニス・ターナー先生はずっとニューヨーク大学の教授でしたが今はコロンビア大学歯学部
の教授をされている方で、インプラント学会では世界を代表する先生です。

講義は生物学的に、科学的な理論の下でお話が展開されさすがに素晴らしかったです。

もっと文献を読み勉強しなければならないと思いました。

NYU Japan Course 6期生 デニス・ターナー先生を囲んで

b0190560_19511092.jpg


夜は友人とVillage VanguardというJazz Clubへ行きました。
Village Vangurd
b0190560_17234521.jpg
















ここはマイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン等の巨匠がライブを開いた歴史のある店です。

b0190560_1730771.jpgAalon Goldbergの演奏良かったです。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-02-01 17:12 | インプラント | Comments(0)