ご自身の歯・口を一生美しく健康に保つ方法 From Hideki Yoshikawa

goodriver.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 30日

ニューヨーク大学へインプラントの研修へ行ってきます

今日から2月6日(日)までニューヨーク大学インプラントCDEプログラムを受講するために
行ってきます。
休診とさせて戴きますので急な御用の方は自宅に転送電話になっておりますので
クリニックの電話番号におかけ下さい。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-01-30 12:43 | 研修 学会 | Comments(0)
2011年 01月 26日

インプラントの成功率 どの位もつものなのでしょうか?

患者さまから良く聞かれる質問です。

[インプラントはどの位もつものなのでしょうか?]

かなり昔の研究ですが手元にあった文献を記述します。

CLINICAL ORAL IMPLANT RESERCH
Clin Oral Implant Rea 1996:7:329-336

オッセオインテグレートインプラントに支持された下顎の固定性の補綴物の15年間の前向きな
フオローアップの研究

イエテボリ大学歯学部補綴科
L.W.Lindquist
G.E.Carlson
ブローネマルククリニック
T.Jemta

この前向き研究には、ブローネマルクシステムのインプラントで支持された下顎
の補綴物を装着された47人の無歯顎の患者さんが参加した。

フオローアップの期間は12〜15年であった。
273本埋入されたうちの3本(1%)は補綴物の装着前に失われた。
2本は補綴物装着の7年後に失われた。
10年と15年の時点でのインプラントの累積成功率は98.9%であった。
固定性の補綴物歯すべて失われなかった。
最後のフオローアップの時点ですべての患者さんの補綴物は機能していた。(累積成功率100%)
インプラントの周囲の骨吸収は小さく、手術後の1年間は平均で0.5mm,毎年の骨吸収は0.05mm
であった。奥歯の骨よりも前歯の骨吸収の方が大きかった。
喫煙と口腔清掃の方法が骨吸収に影響与えた。
一方、咬合力、食いしばり、カンチレバーは骨吸収に影響はなかった。
下顎のインプラント治療は、固定性の補綴物とインプラントの安全性という面から素晴らしい治療法であることが結論づけられた。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院 

by yoshikawa-dc | 2011-01-26 19:24 | インプラント | Comments(0)
2011年 01月 25日

歯失うと認知症高リスクに 高齢者調査、かむ力も重要

口腔と全身の健康状態の関連性は色々と研究されていますが、こんな記事を見つけました。

皆様、くれぐれも歯を大切に、もちろん死ぬまで健康でいたいものです。

歯失うと認知症高リスクに 高齢者調査、かむ力も重要
2011年1月24日 提供:共同通信社

歯がほとんどなく入れ歯も使っていない高齢者が4年間で認知症になるリスクは、20本の歯がある人の1・9倍になるとの研究結果を、厚生労働省研究班(班長・近藤克則(こんどう・かつのり)日本福祉大教授)が21日発表した。

 あまりかめない人のリスクは、何でもかめる人の1・5倍、かかりつけ歯科医院のない人は、ある人の1・4倍だった。

 担当した神奈川歯科大の山本龍生(やまもと・たつお)准教授は「歯を失う原因の多くは虫歯と歯周病で、知らない間に進行する。定期的に歯科で口の中のチェックを受け、かむ力を保つために入れ歯を入れたほうがよい」と話している。

 山本准教授らは2003年、愛知県に住む65歳以上の健康な人4425人に歯の状態をアンケートした上で、その後4年のうちに認知症を発症したかどうか調べた。4年間で認知症を発症したのは220人だった。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-01-25 08:04 | 予防歯科 | Comments(0)
2011年 01月 18日

訃報 仙台が生んだ最高のドラマー 古澤良治郎さん逝去

古沢 良治郎氏(ふるさわ・りょうじろう=ジャズドラマー)12日、心不全のため東京都杉並区の自宅で死去、65歳。仙台市出身。葬儀・告別式は16日午前11時から東京都港区南青山2の26の38、梅窓院で。喪主は長男佐生健(さしょう・たけし)氏。

 国立音大在学中の60年代にドラマーとして活動を始めた。山下洋輔さんや渡辺貞夫さんらのグループに参加、近年は音楽グループ「ムクル」などで幅広く活躍していた。

2011/01/14 15:11 【共同通信】

b0190560_659716.jpg

20代のころ2年間くらい古澤さんにドラムを習っていました。

暖かなお人柄は今も忘れません。



ご冥福をお祈り致します。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-01-18 07:01 | 日常生活 | Comments(0)
2011年 01月 18日

北の住まい設計社 200年使える家具

b0190560_4463675.jpg
数日前にオーストラリアで起こった洪水にはビックリしました。
ワニが町の中を泳いでいるのですから。
水が引くのに10日程かかるそうで大変です。

地球温暖化の影響でしょうか。
環境の悪化で地球が破壊され私たちは何年くらい地球でくらせるのでしょうか。

今から2年程前の2008年に環境問題に取り組む為に日本が議長国になり北海道で開かれた洞爺湖サミットを覚えていますか。

その時の椅子をデザインして製作した会社が北の住まい設計社です。会議の席で変わったデザインの椅子が印象に残っています。

北の住まい設計社は私が好きな家具でクリニックの待合室のソファーや椅子机、食器棚、子供たちの勉強机等使わせて頂いていました。無垢の木だけを使って200年位の耐久性がある美しい家具達です。今から200年前と言えば、テレビドラマで人気を博した篤姫が生まれるちょっと前の江戸時代です。

最近の家は使い捨ての時代を反映してか平均30年で壊され建て替えられて来たそうで
アメリカの平均55年やイギリスの平均77年と比べても非常に短い寿命です。

住宅ローンを30年で組んで完済した頃には家は壊されゴミとなる。
悲しいことですね。

30年のサイクルで住宅の解体や新築が繰り返されることで、毎年1,400万トン、東京ドーム7個分(!)の容積の住宅関連産業廃棄物が捨てられているそうです。

生産時、運搬時、加工時などに発生するCO2を考えると、短い期間で建て替えられることが、いかに大きな環境負荷となっているか考えさせられます。

そのような時代に良い家具を子供・孫・ひ孫の時代まで残せたらどんなに素晴らしいことでしょうか。

わたし達のクリニックの受付周りも開業以来のままですのでリフォームしたいと考え北の住まい設計社に相談したところ何と渡辺恭延 社長 が御来院下さいました。

お会いして心がこもった素晴らしい仕事をする理由が良く解りました。

歯科治療もすべて手仕事で家具製作と似ているところがありますので
心がこもった仕事をしなければと思いました。

ありがとうございます。

北の住まい設計社カタログより

木を想い、使うこと。

 木を想う時、この長寿な命をとても愛おしい、何か大地の基に.......と授かったもののように感じます。

一本でも多く育まれて欲しい。だから切られた跡を見ると心が痛み、木を使って暮らしているうちは安心を覚えます。

 かすかな音を集めた静かな森の中。木を見上げ、葉からこぼれる光を浴びる。理屈などなく、木を愛おしいと思います。自然の深さに感動し、人の小さなことを感じます。自分にできることは何なのかを考えます。
欲を持った私たちは、せめてこの与えられた自然に感謝し敬意持って使うべきだと思うのです。
 
 木を植え続けます。目に見えない自然の働きに、失敗することもたくさんありますが...この先も木が育ち、森がそばにありますように。
 
 根をおろした姿の木を想い、永く使えるものとして表現し、伝えてゆくこと。私たちにできる、小さな一部なのではと思います。

Yoshikawa Dental Clinic


by yoshikawa-dc | 2011-01-18 05:07 | 日常生活 | Comments(0)
2011年 01月 07日

天然素材の診療室

b0190560_1585840.jpg
最近の生活はとても便利になりました。室内の温度調整はスイッチひとつで可能ですし車もエコカーがブームで燃費も良くなりました。

ただ便利になり快適になったことで失ったものも大きいように思います。

環境が破壊され地球温暖化になりゴミの処理だけでも大変です。

町を散歩していて思うことは外壁がメインテナンスフリーな家が立ち並んでいるのですが
見ていて美しくありません。歴史のあるヨーロッパの建築が綺麗に見えるのは人口の素材が目に
入らないのが理由です。

人が誰でも美しいと感じるものは土に帰る自然のものであるようです。

私たちの医院もなるべく天然の素材を使っています。

上の机と椅子は北海道の北の住まい設計社のものです。

すべて無垢の木を使っているのですが完璧に仕上がっています。

百年以上は使えますし捨てても土にかえります。

何でも使い捨て時代にこんな家具は生活にゆとりを与えますし気持ちも穏やかにしてくれますね。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-01-07 02:20 | 日常生活 | Comments(0)
2011年 01月 06日

ジルコニアによるオールセラミックスのクラウン・ブリッジ

昨日は上顎前歯のインプラント埋入手術があり口蓋から結合組織(歯肉)を移植して審美性を確保する
治療を行いました。先ほど患者さんに電話したところ、痛みもあまりないようで一安心いたしました。

お疲れさまでした。

さて、皆さんジルコニアという材質をご存知かと思います。人口ダイヤをジルコニアと言います。
b0190560_11233137.jpg

この写真は技工士のSYさんが昨日持ってきてくれたジルコニアでできた歯です。
メタルを使わないので綺麗に見えますね。
b0190560_11335921.jpg

技工士さんはこのように石膏模型で人口の歯・クラウンを作ります。
技工士さんのテクニックや繊細な感性は美しい人口の歯を作るのには欠かせません。
人口の歯を作るのは歯科医師ではなく技工士という専門職なのです。
ものすごいテクニックを持った人達です。

ジルコニアの特長としては次のようなことがあげられます。

1・金属よりも硬く、天然ダイヤに次ぐモース硬度があります。
2・光の透過性が高いため、透明感のある審美的に優れた歯を作れます。
3・強度を補う金属の裏打ちの必要がないため、透過性を最大限に生かせます。
4.曲げ強度、応圧に優れた、極めて破損を起しにくいセラミックです。
5・生体親和性が高く、体にやさしい歯科材料です。
6・金属アレルギーを起こさない、メタルフリーの治療が可能です。
7・耐熱性、耐久性、耐腐食性が極めて高い材料です。


ヨーロッパやアメリカでは、以前からその優れた強度と性質から「白いメタル」とも称され、オールセラミック治療の主流になっていますが、日本でも最近ジルコニアが歯科材料として使用されるようになって参りました。

歯科以外の分野では、ジルコニアはスペースシャトルの断熱保護材、高級外車、F1カーのブレーキ部分など、様々な用途に用いられています。また、医療用途としては、人工股関節の球状骨頭部などに使用されているそうです。

これまでも、セラミックは、美しく丈夫で生態親和性の高い歯科材料として、歯に対する意識の高い方や、審美性が重要視される職業の方を中心に、広く愛用されてきましたが、従来のセラミックは硬度が高いあまりに、柔軟性に欠け、強すぎる力を加えると、その力を拡散させることができずに、欠けてしまう場合がありました。

しかしジルコニアは、従来のセラミックの3倍程度、また、金属を超える強度があり、象が踏んでも壊れないといわています。その上、しなやかで曲げ強度に優れています。

ジルコニアは、従来のセラミックの課題点と金属の弱点を克服した、優れたファイン・セラミックなのです。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-01-06 11:56 | クラウン・ブリッジ | Comments(0)
2011年 01月 03日

新年のご挨拶

b0190560_932341.jpg

あけましておめでとうございます。

昨年は皆様にとって素晴らしい年になりましたか。

2010年はあっという間に過ぎてしまったという感じがします。
2月にニューヨークへ、10月にルーマニア・大阪へと忙しい日々が続きました。

私たちは患者さんの口腔の健康を考えて歯科医療を行う中で色々な患者さまにめぐりあってお互いに支えあいながら歯科医院を開業していますので理解のある良い患者さまにめぐりあえて本当に感謝しています。

今年は1月30日(日)~2月6日(日)までニューヨーク大学インプラントコースに行って参ります。これで2年間のコースが卒業です。

それから、最近気がついたことがあります。それは、自分自身がある歯科の勉強をするとそのことでお困りの患者様が来院します。

例えば、歯周病の勉強を多くすると歯周病でお困りの方が多く来院されますしインプラントを一生懸命に勉強すると歯を失っている方が来院されます。

結局、自分自身の考え方とか行動が自分の周りの方を引き寄せているのでしょう。そう考えると日々の過ごし方がとても大切なものになります。

今年は顕微鏡を使用した歯内療法と歯周外科(プラスティックサージェリー)を勉強したいと思っています。

今年も皆さまにとって素晴らしい年になりますように。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2011-01-03 09:37 | 日常生活 | Comments(0)