ご自身の歯・口を一生美しく健康に保つ方法 From Hideki Yoshikawa

goodriver.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 28日

治療中の患者さまのことで

以前から当医院に通っている患者様のことですがほとんどすべての歯をかぶせる治療がされているのですがクラウンが不適合でまるで頭に帽子を被せたようにクラウンの辺縁がひっかかります。

プラークコントロールをして虫歯にならないように、それから歯周病もあり感染除去したいのですがこのようなクラウンや基礎的な歯内療法が出来ていないので本当に困ります。

歯内療法、根管治療がいい加減ですと再根管治療をしても根管治療の治療成績は100%、ではなく
半分の50%くらいに悪くなってしまいます。

言い換えると、歯科の治療はその歯について、初めに誰が手をつけたかが、その後の歯の寿命を左右します。

歯科医療は本当に「文化」というようなものですね。いいかげんにやっても命には別条ないし、しかし命に関係がないからといっていいかげんにやることは文化的な人間のすることではありません。「いいかげんすぎます」

歯科の治療は二度と虫歯にさせない、歯周病にさせないという努力、補綴物を長く保たせるという努力
それから美しくということ、これらの真理を求め、常に前進、進歩.向上をはかることが歯科医療の文化だと思います。

その時にかかった費用は安くても、将来のことを考えると、けっして安いだけで、すまされる問題ではありません。

特に、歯科保険診療においては治療の内容が規制され、また、治療料金が現在の治療技術にそぐわない面も多く、そのことが、保険歯科医療内容の質の低下にもつながってくるようです。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2009-11-28 17:59 | 歯科治療 | Comments(0)
2009年 11月 11日

サイナスリフト ウィンドウテクニック

今日はインプラントオペがあり上顎の骨の高さが足りない部位にインプラントを埋入する為に骨移植をしました。

上顎洞の側壁から窓を開け人口骨(Bio-Oss)を移植しインプラントを同時に埋入しました。

半年後に二次手術を上部構造を作成する予定です。

従来は自分の骨をどこかから削ってきて移植していたので外科的な侵襲が大きかったのですが、ウシの

人工骨(Bio-Oss)を使うことで侵襲の少ない手術をすることが出来ます。

上顎の骨の高さが少なく今までインプラントを躊躇していた方には朗報です。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2009-11-11 13:29 | インプラント | Comments(0)