ご自身の歯・口を一生美しく健康に保つ方法 From Hideki Yoshikawa

goodriver.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 02日

歯周病と糖尿病

糖尿病は歯周病を悪化させ間接的なリスクになることは間違いのないことでしょう。
糖尿病の患者さんは歯周病がとても治りにくいものです。


高血糖状態が続くと、白血球の機能(付着能、遊走能、貪食能、殺菌能)が低下することが知られています。
したがってプラーク細菌の来襲を防ぐことが出来ない状態となるわけです。
反対に歯周病があると糖尿病をより悪化させるか?という疑問がわいてきます。


これまで、慢性の炎症が糖尿病患者さんの血糖コントロールに悪影響を与えることが知られていました。
ここでいう炎症は腎炎などであり、歯の周りの炎症、すなわち歯周病は見過ごされていました。

しかし、すべての歯に約5ミリメートル程度の歯周ポケットがあるとすると、その内面積を合計すると約50平方センチメートル(約7センチ四方の面積)にのぼるともいわれています。

一本、一本の歯周ポケットの炎症は少ないですが、合計して考えるとかなり大きな炎症になるといえます。

千葉市美浜区の歯科 歯周病・インプラントなら吉川歯科医院

by yoshikawa-dc | 2009-07-02 09:02 | 歯科治療 | Comments(0)